ANAの派遣社員の募集はあるの?その中身は一体どうなっているの?

ANAの正社員としても働きたいけど、競争率が高いとか、希望職が正社員を募集していないなんて言うこともよくある話です。そんな時には、正社員にこだわらずに派遣社員になるという手もありますよね。では、ANAでは派遣社員の募集はしているのでしょうか。その中身は一体どうなっているのでしょうか。

ANAで派遣から働くと正社員になることはできるのか

ANAは最近では日本の働きたい企業トップ5には必ず君臨しているともいえる大企業であり、人気の企業としても知られていますよね。そんなANAで働くのは、もちろん難関が高く、その難関の高さは今に始まったことではありません。

しかし。それでもANAで働きたい、ANAに関連した職種につきたいと思っている方は少なくありません。そこで、ここでは、ANAで永久的に働く窓口路もなる、ANAで派遣から働くという手段から、ANAの正社員になることはできるのかということを見ていきましょう。

この答えは、ほぼなれるといって間違いないでしょう。というのも、常にANAは求人を何かしらの職種で欠けています。そもそも大企業ですから、雇われる人数もそれなりに確保しておかなければなりませんよね。

ですので、正社員だけでなく、契約、派遣、それにバイトなどもいますが、派遣から正社員になることだってできます。特に、紹介予定派遣を選べば、派遣として入って、あなたの仕事の仕方が良いと思われれば、あなたをANA側も手放したくありません。

そのため、正社員として雇い入れたいと思うことだって多々あるわけです。元々、ANAの派遣として、そこまで希望職種で雇われたわけでもなく、そこからまた正社員になったという方も、ここからあなたの希望の職種のトップの方にあなたの仕事ぶりが目に付き、正社員として雇われるなんて言うこともあるかもしれませんよ。

ですので、派遣としてANAに雇われるのであれば、できるだけ紹介予定派遣を狙ってはいるのがベストです。そうすれば、いつかは、あなたの希望の職種でトップのステータスとして働いているなんて言うこともあるかもしれないので、夢の実現のために派遣先の選び方もしっかりとしておきましょう。

ANAの求人を多く扱う人材派遣会社は?福利厚生はどうなってる?

「もうANAしか就職先を考えていない!」という方は決して少なくありません。どんな形態であろうが、ファーストステップとしてANAに入って、そこかだ徐々にステップアップすると考えている方は多いです。

そこで、ANAの求人を多く扱う人材派遣会社はどこなのかをご紹介すると同時に、気になる福利厚生はどうなってるのカモご消化しましょう。ANAの派遣を多く扱うのは、実は、ANA自身であり、ANAビジネスソリューションのサイトを見ていただければ、ANAの求人がズラリと出てきます。

ANAだけでなく、ANAグループの求人もあるので、もしかしたら、あなたの就職の輪がさらに開けるかもしれません。基本となる予約業務から、裏方となる物流関係の職種まで、男女問わずマッチするような求人がなされていますので、これは要チェックです。

もちろん、航空関連企業のみを取り扱う求人媒体というのもありますので、そこでもANAの求人をチェックすることができます。そして、気になる福利厚生に関してです。ANAビジネスソリューションを利用して派遣された方に関しては、比較的手厚いサービスが施されているといって良いでしょう。

ANAグループの国内線や国際線を割引運賃で利用できます(就業先やその条件によってもこれは異なりますので確認してください)。それに、ANAグループ社員向けのパッケージツアーを利用できます。さらにうれしいのは、毎年1回定期検診を受けられるということです。

自腹だとかなりの金額になるので行くのが億劫になりますが、派遣でもこういった制度を適応してくれるANAはさすがです。社会保険や雇用保険、労災保険などには随時応じるので、気になる方は相談してくださいね。

長崎 anaTOP